粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ)

粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ) 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ) 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ) 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ) 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ) 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ) 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ) 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ) 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ)

Related Keywords

  • 雪っ子 ゴク旨味噌は、越後味噌で使われる麹は米糀のみですが、この味噌にはさらに『大豆麹』も使用しています。この『大豆麹』の特徴は強力なタンパク質分解酵素を作ること。大豆麹は、米糀よりも10倍以上、大豆タンパクを分解し、アミノ酸(旨み成分)を作ります。これによって生み出される『旨味』と、米糀によってつくられる『甘味』が組み合わさり出来上がった味は、まさに『ゴク旨』。お味噌汁の味がグンッと変わります。
    創業176年となる野沢の味噌造りは、かたくなに昔ながらの製造方法を守って、越後味噌(米味噌)を製造しております。
    味噌作りでの発酵工程までの準備作業には、「大豆を加工して準備する工程」と「米と米麹を準備する工程」の2系列の作業工程があります。 機械化された一般的な味噌作りでは「米と米麹を準備する工程」で塩を投入します。この場合、煮た大豆が冷され固くなってから粉砕しますので、粒に角が生まれ、熟成した後にも「味噌っかす」と言われる小さな「かけら」が出来てしまう傾向があります。 それに対し、当店では「大豆を加工して準備する工程」に塩を入れます。この工程の違いが「まろやかな感じ」の味噌に仕上がる秘訣なのです。
    全てが手作業である当店では「大豆を加工して準備する工程」で塩を入れます。これが機械化された味噌作りとの違いです。煮た大豆をすぐに粉砕するのです。温かい状態で粉砕しますので、大豆も均等に粉砕されます。そして塩を入れます。塩は保存作用がありますので、この状態で翌日の作業が可能になりました。手作業でありながら製造タイミングを調整することが可能となりますので、いわゆる「失敗」が皆無となった訳です。 先代と職人たちが、工程の進め方を吟味して生まれたのが現在の製造方法になっています。
    味噌作りは時間との戦いでもあります。 機械化されている味噌作りの手順を、私たちが採用した場合、「米、米麹」と「大豆」をタイミングよく混ぜる工程では大勢の人手が必要となってきます。そこを人手をかけずにするために、 先代と職人たちが、工程の進め方を吟味して生まれたのが現在の製造方法です。これにより、「味噌っかす」を極力ださない「まろやかな感じ」の味噌に仕上がるという、品質向上も同時に手に入れたのです。 「美味しいものをより安く消費者へ」今も伝統を守り製造しております。 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ)
  • 新潟モール 粘土クラウド資産[手作り味噌]雪っ子 ゴク旨味噌 8kg(箱詰め)(昔ながらの本格みそ)